冬ごもりでできた ぽっこりお腹を春はスッキリクリアに!

食生活を0 から見直して、春から軽やかなカラダでイキイキと過ごしましょう♪


A cat looking at a window

春は冬にため込んだ脂肪と毒素を出すのに

ぴったりな季節



動物は寒くなる冬までに栄養を溜め込み、冬眠に備えます。人も同じように、冬は寒さから身を守るために代謝機能が低下して本能的に脂肪を溜め込むようになります。春は、そんな冬に溜め込んだ脂肪や毒素をスッキリ出すことにピッタリな季節♪


春には、菜の花・たらのめ・ウドなどの少し苦味のある山菜が増えますよね。それらはカラダに溜まっている毒素を出す機能があると言われています。

まずは、生活の中心の食事から見直して、カラダ全体のバランスを整えて、春をイキイキ楽しく過ごしましょう。



 

まずはできるところから! 食生活を見直す





余分なものを溜めこむ食生活してませんか?チェック

食べ過ぎていませんか?


『腹八分目』という言葉があるように、人は「少し足りないかな?」と思うくらいで食事を留めておく位が丁度いいと言われます。


人は消化吸収能力を超えて食べるとおなかの中に未消化物がどんどんとたまってしまいます。その未消化物があることによってカラダに脂肪がつきやすくなったり、おなかの環境が悪くなるという影響がでてきます。食べすぎだなと思ったら、翌日からは腹八分目でおさえてみてください。


白色の食べ物をよく食べていませんか?


白色の炭水化物である、白いパンや白米、そして白砂糖にはあまり栄養がないと言われています。栄養がないものをカラダの中にとりいれると、カラダの中でその栄養を補おうとして無駄なエネルギーを使ってしまい、栄養不足におちいってしまう恐れがあります。


中でも白砂糖は“かわいい悪魔”と言われるほど栄養がなく、中毒性があると言われています。できるだけ食べるのを控えて、栄養のあるものを食べることを意識するといいかもしれません。


すでに精製された食事をいつも食べていませんか?


現代では、ファーストフードやコンビニ弁当など、すでに精製された食事が増えています。

しかし、防腐剤や熱を加えるなどの精製をすることで、腐らず長持ちしやすくなりますが、虫も食べるのを避けるほど、食材から栄養や酵素がなくなってしまうと言われています。


このような食事を続けると、栄養が偏り、健康面に悪影響が出てくることも…。忙しい時でも、少し時間をつくって、美味しい手料理を食べてるように心がけてみて下さい。


 

チェックが1つでもあった方は

食生活のバランスが大切です!


◎自然な加工をしていないものをとりましょう。


◎白砂糖を抜いた食事に置き代えましょう。

白砂糖は、メープルやみりん、黒糖や甜菜糖に代えると良いと言われます。お菓子やケーキ、クッキ  ー、清涼飲料水には白砂糖がたっぷりと含まれています。

旬のお野菜やナッツ、飲み物であれば水やお茶におきかえることがオススメです。


◎色のある食材を食べましょう。

白米を玄米に代えたり、白米に雑穀をブレンドすると栄養がとりやすくなります。

小麦粉は、全粒粉・ソバ粉に代えて食べると良いです。


◎発酵しているものを食べましょう。


 



朝・昼・晩の基本の食事


朝は、浄化の時間です。

固形物などの重いものは食べない方が良いと言われています。お味噌汁と酵素飲料など軽めにして、内臓を休ませましょう。


昼と夜は、精製されていない栄養のあるものをとりましょう。旬のお野菜や果物、未精製の穀物、豆類、海藻類、きのこ類、そして発酵している食品をバランスよくとると良いでしょう。


また、リラックスして楽しんで食べることが1番!リラックスすると緊張が緩み、カラダのめぐりがよくなり消化しやすくなります。ゆっくりと食事をする時間をつくり、楽しみながら料理をお召し上がりください。