乾燥肌、かゆみに悩む人は必見!漢方薬で行う「鎮静」と「改善」【温清飲】(うんせいいん)


market of clay pots

アレルギーと肌の乾燥の悩みは「血」の不足とめぐりの悪さ


今日は、本物漢方堂のおすすめ商品【温清飲】(うんせいいん)を、ご紹介します。


秋も深まってきましたね。

秋は紅葉が美しいし、食べ物は美味しいし、気候も過ごしやすい気候の季節です。


そんな魅力的な秋ですが、ちょっと困るのが「アレルギーの起こりやすさ」と「肌の乾燥」です。

特に乾燥は、すべての方々に起こる恐れのある悩みです。

アレルギーが起こる頻度や度合いは人それぞれの体質によって違いますが、乾燥は誰でも影響を受ける問題ですからね。


中医学的視点で、肌の乾燥の原因を考えてみますと人それぞれ、その時々によって変わってくるので、一概には言えないですが

「血」の不足や、めぐりの悪さが原因になっていることが多いようです。


 

健康的な肌は吸い付く感触





血は全身に栄養を届ける働きをしています。

「全身」とは内臓や筋肉もそうですが、カラダの一番外側の部位である皮膚もやはり血から栄養をもらっています。

ですので、血が不足して栄養が届きにくくなると、肌ももちろんトラブルが起こります。具体的には、皮脂膜が分泌されにくくなります。


皮脂膜とは、カラダの水分と油分が混ざったもので私たちの肌の表面に分泌されています。

肌を覆って保護することで、水分の蒸発を防いだり汚れや乾燥といった刺激から肌を守るバリアとして働いてくれています。


健康的な肌に触れてみるとしっとりしていて吸い付く感触がするのは皮脂膜があるからです。

たとえば、これからの季節は手のカサカサに悩まされますよね。

手という部位は、もともと皮脂分泌腺が少なく、そこだけ皮脂膜が薄いため、とても乾燥しやすいのです。


手と他の部位を触り比べてみるとわかりやすいです。

明らかに手以外の部位の方がしっとりしていて皮脂膜の存在が感じられると思います。

 

皮脂膜が作られにくくなると、どうなる?




そんな大切な皮脂膜が血の不足、めぐりの悪さによって作られにくくなると、どうなってしまうでしょうか。


皮脂膜はバリアのようなものなので、バリアの弱ったところにアレルゲンやほこり、ハウスダストなどが付着してしまうと刺激を感じ、炎症が起こり、痒みを覚えます。


秋冬は乾燥でアレルゲン物質も舞い上がりやすくバリア機能の低下した状態の肌には困った環境です。

ですが、ここで掻いてしまうと更にバリア機能が弱るので、ガマンしなければならないというのも辛いところですね。

 

【温清飲】(うんせいいん)の

炎症を抑える&めぐり改善する2つの働き



【温清飲】(うんせいいん)には2つの働きがあります。


1.血を補ってめぐりを改善する

2.熱を冷まして炎症を抑える


なぜ2つの違う働きができるのかというと【温清飲】は『四物湯』(しもつとう)と『黄連解毒湯』(おうれんげどくとう)という

2つの漢方薬が組み合わさったものだからです。


『四物湯』は血を補って、めぐりを改善するお薬です。

肌ツヤが悪くて爪がもろく、カラダが冷えている方のためのお薬です。(血が不足すると爪ももろくなります)


『黄連解毒湯』は熱を取り去って炎症を鎮める働きを持っています。肌のかゆみやじんましん、口内炎に使われるお薬です。


この2つを組み合わせることで、【温清飲】は全く違う2つの働き、けれど乾燥して肌がカサカサし、かゆみに悩んでいる方には両方とも欲しい!と思うような2つの効果を持っているお薬になっています。



 


【温清飲】(うんせいいん)は本物漢方堂通販サイト

「はぴ★ふるネット」でご注文いただけます。



【温清飲エキス細粒】

≪効果・効能≫

体力中等度で,皮膚はかさかさして色つやが悪く,のぼせるものの次の諸症:湿疹・皮膚炎,月経不順,月経困難,血の道症,更年期障害,神経症



★「はぴ★ふるネット」へのご登録は無料です。

↓  ↓  ↓

https://www.honmono-ken.com/happyfull/entryuser?c=N0001426



★すでにご登録されている方はこちらよりログインください

↓  ↓  ↓

https://www.honmono-ken.com/happyfull/mypage/login



※検索窓で「うんせいいん」と入力し検索してください。


 

column肌改善に手を貸す嬉しい漢方【温清飲】(うんせいいん)




最後までお読みくださり、ありがとうございます。


これからの季節に役立ってくれそうな

【温清飲】(うんせいいん)をご紹介しました。


【温清飲】の素晴らしいなと思う点は、やはりかゆみを鎮めるだけではなく肌状態の改善にも手を貸してくれるお薬だということです。


病院でもらったり、薬局で購入できる塗り薬は「炎症・かゆみを抑える」ことにのみ着眼すれば

とても良い効果を発揮してくれると思います。


ですが、やっぱり根本的な原因の改善も叶えていかなければならないですよね……。


バリア機能が正常に働き、自分で自分の肌を守れる状態が一番良く、健康的です。そのためには血を補ってめぐらせること。


【温清飲】であれば、かゆみを抑えながら肌の状態が良くなるように助けてくれます。かゆみを抑えるだけの塗り薬では、できないことをしてくれるお薬だなと思います。


 

■本物漢方堂とは?

漢方は皆さんが普段使っているお薬と違って、対象者や効能が様々なのでご自身に合うものを見つけるのが難しいです。

本物漢方堂でも一人一人の症状に合わせて処方ができるよう、細かい身体の状態や症状に分けた漢方をご紹介します。

ぜひチャンネル登録もよろしくお願いします!


■本物漢方堂YouTubeチャンネル登録はこちら!

https://www.youtube.com/channel/UC1eGimI1OwZcY2aB3QDGL9A


■無料カウンセリング実施中!

皆さんのお身体の不調やお悩みに関する個別相談を無料で受け付けてます。

不調を改善したい方や、自分に合った漢方を知りたい方、「まずは簡単な相談だけでも..」という方は以下URLよりお申し込みください!

https://select-type.com/p/honmono-kanpoudou/


■漢方は下記から購入可能です。(※無料会員登録が必要です)

https://www.honmono-ken.com/hss?c=N0001467


■漢方を中心とした健康情報をもっと知りたい方へメルマガを配信中です!

https://honmonokanpodo.com/mailmaga/