ウィルス感染の基礎知識をしっておきましょう。

毎日の習慣が、インフルエンザをはじめとしたウィルス感染を防ぎます。


woman holding a book, next to a coffee mug

そもそも、インフルエンザって?


インフルエンザとは、急な発熱を特徴とする呼吸器感染症です。

インフルエンザの典型的な例としては、1~5日(平均3日)潜伏期の後に、突然38℃以上の高熱が出て、頭痛・関節痛・筋肉痛・全身倦怠感などの全身症状に加えて、咽頭痛・咳・鼻汁など、風邪のような症状が出現します。


ほとんどの場合、約1週間で軽快しますが、重症化すると肺炎・脳炎・脳症などを起こすことがあります。通常の風邪に比べて高熱など全身症状が急に出現することが特徴です。


 


インフルエンザの感染経路は2つ。


インフルエンザのおもな感染経路は、「飛沫感染(ひまつかんせん)」と「接触感染」と言われています。


【飛沫感染】

飛沫感染とは、感染した人が咳やくしゃみをすることで排泄するウィルスを含む飛沫を、健康な人が鼻や口から吸い込み感染することをいいます。この咳やくしゃみなどの飛沫は、空気中で1~2メートル以内にしか到達しないといわれています。


【接触感染】

接触感染とは、感染者の咳、くしゃみ、鼻水などが付着した感染者自身の手や机、ドアノブ、スイッチなどを、健康な人が手で触れ、自分の眼や口、鼻を触ることによって、ウィルスと粘膜が接触し感染することを言います。


 

予防&エチケットについて




健康の基本は、毎日の習慣にあります。予防も大事ですが、他人へのエチケットも感染を広げないための習慣です。


●手洗い

しっかり手洗いをすることによって、ウィルス対策することができます。インフルエンザが心配なこの季節には毎日きちんと実行しましょう。


●咳エチケット

咳やくしゃみをするときは、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけるよう心がけましょう。ティッシュがないときは、自分の腕の内側に口や鼻をあてて、咳やくしゃが飛び散らないようにします。



 

日常の中でできるウィルス対策



日常生活ではまず、栄養と休養をしっかりと取り、体調を整えて抵抗力をつけることが大切です。また手洗い・うがいを習慣化しましょう。


ウィルスは低温、低湿を好むため、乾燥しているとウィルスが長時間空気中に漂っています。そのため、加湿器などで室内を適度な湿度を保つなど工夫してください。外出先では、マスクを着用することをおすすめします。