top of page

高齢者の治りにくい化膿性疾患に『千金内托散』が効く


market of clay pots

今回は、虚弱体質あるいは体力が衰えているために、化膿した部分からいつまでも膿(うみ)が排出できずに、長引いた時に使われる漢方薬【千金内托散】(せんきんないたくさん)を紹介します。


漢方名にある「内托」は「膿を外へ追い出す力もないような方の体力をつけて、体の内側の回復力(免疫力)を高めて、膿を排出させ、肉芽の形成を促進させる」という意味です。


その「内托」の前の千金は価値が高いという意味で、素晴らしい効果のある「内托」ということになります。

この漢方薬は様々な化膿性疾患に使われます。


化膿性疾患とは、簡単に言うと、かゆみを伴う発疹や水疱(すいほう)などの皮膚の症状があらわれ、その部分が、じくじくとした化膿症状を引き起こす病気です。

この化膿性疾患がある程度進み、しかも痛みがある場合に【千金内托散】がおすすめです。




 

慢性化した膿に特によい






一般的には、慢性化して膿が長期にわたり出ている時に使います。

膿の排出を促進し、新鮮な肉芽を形成させる目的で使われます。

ここで、一つ疑問がでてきます。膿の排出を促進してよいのか?

実は、皮下に膿の溜まりがある場合には膿の排出が必要になるのです。


膿を排出する大切さですが、一般的な言葉としても使われているので紹介します。

それが、不正や不祥事のニュースがでると「膿を出し切る」と言われるように、体も同じで、膿の排出を促進することは治療に必要な事なのです。


化膿性疾患の初期には【荊防敗毒散】(けいぼうはいどくさん)がよく使われ、化膿~排膿期には【千金内托散】がつかわれることが多いです。

また、がんこで治りにくい化膿性疾患でもある痔(主に痔瘻(ぢろう))や床ずれなどにも【千金内托散】は使われています。



 

【千金内托散】(せんきんないたくさん)のご購入については、本物漢方堂までお問合せください。


【千金内托散】(せんきんないたくさん)

≪効果・効能≫

体力虚弱で、患部が化膿するものの次の諸症:化膿性皮膚疾患の初期、痔、軽いとこずれ。


【荊防敗毒散】(けいぼうはいどくさん)

≪効果・効能≫

比較的体力があるものの次の諸症:急性化膿性皮膚疾患の初期,湿疹・皮膚炎


【問い合わせ先】

お電話の場合は03-3457-1271まで。

応需時間:9:30~17:30(水土日祝除く)




★漢方が買える通販サイト「はぴ★ふるネット」へのご登録は無料です。

↓  ↓  ↓



★すでにご登録されている方はこちらよりログインください

↓  ↓  ↓



※検索窓「せんきんないたくさん」「けいぼうはいどくさん」で入力し検索してください。


 

■本物漢方堂とは?

漢方は皆さんが普段使っているお薬と違って、対象者や効能が様々なのでご自身に合うものを見つけるのが難しいです。

本物漢方堂でも一人一人の症状に合わせて処方ができるよう、細かい身体の状態や症状に分けた漢方をご紹介します。

ぜひチャンネル登録もよろしくお願いします!


■本物漢方堂YouTubeチャンネル登録はこちら!


■無料カウンセリング実施中!

皆さんのお身体の不調やお悩みに関する個別相談を無料で受け付けてます。

不調を改善したい方や、自分に合った漢方を知りたい方、「まずは簡単な相談だけでも..」という方は以下URLよりお申し込みください!


■漢方は下記から購入可能です。(※無料会員登録が必要です)


■漢方を中心とした健康情報をもっと知りたい方へメルマガを配信中です!

Σχόλια


bottom of page