top of page

痔で手術をする前に【乙字湯】で


market of clay pots

まだ寒い。寒いと血行が悪くなる。寒いと心配なのが、痔の症状。

血行が悪いと痔は悪化しやすくなります。

身体が冷えることで、痔核内(肛門がうっ血して腫れている内側)に血栓ができて、いぼ痔が腫れたり、痔ではない人にもできる「血栓性外痔核」(肛門の外にできる痔のようなもの)という病気が引き起こされる場合が多々あります。

そんな日本の成人の、3人に1人が悩んでいる痔におすすめの漢方が【乙字湯】(おつじとう)です。


漢方では、痔は滞ってしまった「血(けつ)」、すなわち「お血(おけつ)」が肛門にある状態と考えます。

「お血」ができる原因はさまざまですが、冷えや便秘などが原因となります。

先ほど紹介した「乙字湯」(おつじとう)は、江戸時代の水戸の藩医であった原南陽が作った処方です。


「血(けつ)」の流れを良くしてうっ血をとることで腫れを抑え、傷の治りも早めます。また、使用することで便の通りを良くして、排便時の痛みや圧迫をやわらげるとともに、筋肉の緊張を高めて、中の痔が出てこないようにする処方です。

【乙字湯】(おつじとう)の構成生薬を見てみると、柴胡(さいこ)、黄ごん(おうごん)はストレスを抑え、抗炎症作用があります。


当帰は、血流や月経を整えて冷えを改善し、大黄は便秘を改善します。

また升麻(しょうま)は内臓を引き上げる作用があるとされており、痔の脱出を改善します。これらの生薬がバランスよく作用し痔に効きます。

下剤である大黄の含有量が、それほど多くないのもよく使われる理由です。

効能・効果としては、体力中等度以上で、大便がかたく、便秘傾向のあるものの次の諸症痔核(いぼ痔)、きれ痔、便秘、軽度の脱肛です。

 

痔におすすめの生活習慣





痔におすすめの生活習慣は下記です。

  • 野菜や果物類、海藻類など食物繊維を積極的に食べる

  • 適度な運動の実践

  • 香辛料やアルコールはほどほどに

  • 身体を冷やさない


【乙字湯】と、おすすめの生活習慣を組み合わせて、寒い時期の痔の悪化を避け、改善させましょう。


 

【乙字湯】(おつじとう)のご購入については、本物漢方堂までお問合せください。


【乙字湯】(おつじとう)

≪効果・効能≫

大便がかたくて便秘傾向のあるもののつぎの諸症:痔核(いぼ痔)、きれ痔、便秘。


【問い合わせ先】

お電話の場合は03-3457-1271まで。

応需時間:9:30~17:30(水土日祝除く)




★漢方が買える通販サイト「はぴ★ふるネット」へのご登録は無料です。

↓  ↓  ↓



★すでにご登録されている方はこちらよりログインください

↓  ↓  ↓



※検索窓【おつじとう】で入力し検索してください。


 

■本物漢方堂とは?

漢方は皆さんが普段使っているお薬と違って、対象者や効能が様々なのでご自身に合うものを見つけるのが難しいです。

本物漢方堂でも一人一人の症状に合わせて処方ができるよう、細かい身体の状態や症状に分けた漢方をご紹介します。

ぜひチャンネル登録もよろしくお願いします!


■本物漢方堂YouTubeチャンネル登録はこちら!


■無料カウンセリング実施中!

皆さんのお身体の不調やお悩みに関する個別相談を無料で受け付けてます。

不調を改善したい方や、自分に合った漢方を知りたい方、「まずは簡単な相談だけでも..」という方は以下URLよりお申し込みください!


■漢方は下記から購入可能です。(※無料会員登録が必要です)


■漢方を中心とした健康情報をもっと知りたい方へメルマガを配信中です!

Comments


bottom of page