慢性便秘の原因は年齢それとも低糖質の食事!?漢方でおだやかに治す【潤腸丸】(じゅんちょうがん)


market of clay pots

穏やかな便秘薬【潤腸丸】(じゅんちょうがん)


本日は、本物漢方堂のおすすめ商品【潤腸丸】(じゅんちょうがん)を、ご紹介します。

【潤腸丸】は漢方の便秘薬であり、その特徴は「体力のない方でも使えるほど穏やかな作用」であることです。



便秘は日本人の中ではポピュラーな病気です。

皆さまの中にも悩まれている方がいらっしゃるかもしれません。


「そもそも便秘って病気なの?」と思われた方も、いるかもしれませんね。便秘はカラダの状態であって、病気ではないと思われてしまうことも多いのです。


便秘も短期間であればあまり心配することはありませんが、長期間続くような場合は病気と考え、対処を行うべきです。


そしてなにより便秘状態でいることはカラダにとって良くないことであり、免疫力のダウンやさまざまな病気につながるなど、リスクがあることを知り、


短期間の便秘であっても、慢性的な場合でも対処を行う必要があると理解していただけたらと思います。



 

そもそも、便秘とはどんな状態?





まず、中医学ではこういう言葉があります。「肝は血を受けてよく視る」。

「肝」というのは五臓六腑のうちの、五臓のひとつ。

血を貯蔵し、血流を調節している臓腑です。

この「肝」は目につながっていて、血の栄養を送り込んで目を潤し、しっかり見られるように助けているのです。


ですので、中医学では視力の低下、かすみ目、目の乾燥、暗いところでものが見えにくい…などのトラブルが起きると、目だけが弱っているのではなく、目とつながっている臓腑が弱ってきているのではないか?と考えます。

目とつながっている臓腑、「肝」の働きの弱りが目に影響を与えているのだろう、と。


さらに、「肝」自体が別の五臓である「腎」と密接な関係にあるので、「腎」を補い、そうすることで「肝」を元気にし目が元気になるようにしていこう、と考えます。


【杞菊妙見】(こぎくみょうけん)がまさに、「腎」と「肝」を補うことで目のトラブルを解決していくお薬です。

 

60代以降、ご高齢の方に多い慢性的な便秘



問題は長期間続いてしまう、慢性的な便秘です。

とくにお年を召された方がなりやすいです。

具体的には60代後半から便秘に悩む方が増えてきます。


便秘にならない為には適度な食事量、運動量、水分摂取が大切なのですが、ご高齢の方はカラダを動かす機会が少なく、食事量も減りがちでしかもノドの渇きも感じにくいため、気付かないうちに、飲む水の量も減っています。


体力も低下されているのであまり刺激の強い便秘薬を使うと効きすぎてお腹が痛くなる、下痢をするなど負担が大きいという悩みもあります。

 

赤ちゃんからお年寄りまで使える【潤腸丸】(じゅんちょうがん)



本日ご紹介する【潤腸丸】(じゅんちょうがん)はお年を召された方、小さなお子さま、病中病後の方やご出産後の方など体力の低下された方であっても使いやすい便秘薬です。


桃仁(とうにん)と麻子仁(ましにん)の2つの生薬が便を柔らかくして、当帰(とうき)は血を増やすことで腸を潤してくれます。

羌活(きょうかつ)はカラダをあたためてめぐりを良くし、大黄(だいおう)は便通を促してくれる生薬です。


ゆっくりと穏やかに効き、排便が自然に行われるように促すタイプのお薬です。


一般的な便秘薬は夜に飲んで翌朝には効果が出るタイプのものが多いですが、【潤腸丸】(じゅんちょうがん)の場合はまず1週間くらい続けてみてくださいね。


 


【潤腸丸】(じゅんちょうがん)は本物漢方堂通販サイト「はぴ★ふるネット」でご注文いただけます。



【精華 潤腸丸 225丸】

≪効果・効能≫

身体虚弱なものの次の症状の緩和:便秘



★「はぴ★ふるネット」へのご登録は無料です。

↓  ↓  ↓

https://www.honmono-ken.com/happyfull/entryuser?c=N0001426



★すでにご登録されている方はこちらよりログインください

↓  ↓  ↓

https://www.honmono-ken.com/happyfull/mypage/login



※検索窓で「じゅんちょうがん」と入力し検索してください。


 

column:食物繊維+炭水化物が便秘予防に




最後までお読みくださり、ありがとうございます。


よく「便秘解消には食物繊維」といわれています。

実はこの食物繊維とは炭水化物のことなのです。

食物繊維+糖質=炭水化物です。


繊維というコトバから、または一般的なイメージから野菜をとれば食物繊維がたくさんとれる…?と思ってしまいますが、実はおなかのために食物繊維をしっかりとりたいのであれば炭水化物を摂取することが必要になります。

今は糖質制限ダイエットが流行っているのでご飯やパンなどの炭水化物をカットされている方も多いのではないでしょうか。


糖質制限のダイエット効果はてきめんですが、食物繊維不足に陥り、便秘になりやすくなるという一面もあります。


大豆や海藻、キノコ類は、低糖質でありながら食物繊維は豊富なので、ダイエット中でもおすすめできる食材ですよ!

積極的にとりいれてみてくださいね。


 

■本物漢方堂とは?

漢方は皆さんが普段使っているお薬と違って、対象者や効能が様々なのでご自身に合うものを見つけるのが難しいです。

本物漢方堂でも一人一人の症状に合わせて処方ができるよう、細かい身体の状態や症状に分けた漢方をご紹介します。

ぜひチャンネル登録もよろしくお願いします!


■本物漢方堂YouTubeチャンネル登録はこちら!

https://www.youtube.com/channel/UC1eGimI1OwZcY2aB3QDGL9A


■無料カウンセリング実施中!

皆さんのお身体の不調やお悩みに関する個別相談を無料で受け付けてます。

不調を改善したい方や、自分に合った漢方を知りたい方、「まずは簡単な相談だけでも..」という方は以下URLよりお申し込みください!

https://select-type.com/p/honmono-kanpoudou/


■漢方は下記から購入可能です。(※無料会員登録が必要です)

https://www.honmono-ken.com/hss?c=N0001467


■漢方を中心とした健康情報をもっと知りたい方へメルマガを配信中です!

https://honmonokanpodo.com/mailmaga/