top of page

難聴を改善し体力もUPさせ若返る漢方


market of clay pots

今回は、年齢からくる耳の悩みを解決する漢方を紹介いたします。

それが【滋腎通耳湯】(じじんつうじとう)です。

※40代・50代でも【滋腎通耳湯】がおすすめな方を紹介しています。

40代以降の方は是非、最後までお読みいただきたい内容となっています。

60歳を過ぎたころから聴力低下が気になったことはございませんか?


例えば、

●小さな声が聞き取りにくくなった

●会話中に何度も聞き返す

●「ジージー」という低い音の耳鳴りがする


漢方では、『耳の異常は、腎の衰え』ととらえ、腎の機能を高める漢方を使います。現代人の感覚からすると、腎は泌尿器という認識が強いですが、漢方ではより広い範囲で機能すると位置付けられていて、腎は、生命活動の原動力を供給する臓器であり、成長・発育・生殖などにかかわる臓器と考えます。

また、漢方では「腎」の機能が低下したり、不足したりしている状態のことを「腎虚」と呼びます。


したがって、腎の機能が衰える(腎虚)と老化が早まり、老化現象としての耳鳴り、聴力低下などの症状が発生しやすくなります。


 

『耳は腎の竅(あな)、腎虚する時は耳漏(じろう)して鳴る』





老化による耳の異常の特徴として、めまい、足腰の弱り、手足のほてりやだるさ、頻尿などが一緒に気になることが多いのです。

漢方の古典『万病回春』には、『耳は腎の竅(あな)、腎虚する時は耳漏(じろう)して鳴る』という記載があります。

耳漏とは、聴力に様々な段階の障害が出ることで、耳鳴りや難聴を指し、また耳鳴りに伴うめまいなども含まれます。


この耳漏は、加齢や術後・病後などによって、「腎」に蓄えられているエネルギー「腎精(じんせい)」が不足して、耳を滋養することができなくなることで、起こると考えられています。


【滋腎通耳湯】と名前にあるように、腎を滋養し(腎の働きを高める)、耳の通りをよくするという薬能の意味が込められて名づけられています。

作用としては、栄養を補う、自律神経のはたらきを整える、血行を促進させる、熱を冷ます、といったものがあります。


その結果、【滋腎通耳湯】は「腎」を潤し、滋養することで、体力が虚弱な方の聴力低下、耳鳴り、めまいに効果を発揮します。

40代・50代で「私は中年でまだ腎は元気だ」と思われている方も実は注意が必要です。


なぜなら、腎虚は、老化によるもののほか、以下のように腎を疲れさせる生活をしている方に起こるのです。

つまり若い方でも、腎虚になるのです。


例えば

●性生活の不節制で過労

●夜型の生活で睡眠不足が続く

●薄着や冷たいものの摂り過ぎで体を冷やす

●ストレスが多く神経をすり減らす生活をしている


これらにあてはまる生活を送っている方は、腎を痛めつけ、腎虚を招いているのです。ですので、上記の例に当てはまるような生活をされている方で耳鳴りがある方にも【滋腎通耳湯】はおすすめです。


 

【滋腎通耳湯】(じじんつうじとう)のご購入については、本物漢方堂までお問合せください。


【滋腎通耳湯】(じじんつうじとう)

≪効果・効能≫

体力虚弱なものの次の諸症:耳鳴り、聴力低下、めまい



【問い合わせ先】

お電話の場合は03-3457-1271まで。

応需時間:9:30~17:30(水土日祝除く)




★漢方が買える通販サイト「はぴ★ふるネット」へのご登録は無料です。

↓  ↓  ↓



★すでにご登録されている方はこちらよりログインください

↓  ↓  ↓



※検索窓「じじんつうじとう」で入力し検索してください。


 

■本物漢方堂とは?

漢方は皆さんが普段使っているお薬と違って、対象者や効能が様々なのでご自身に合うものを見つけるのが難しいです。

本物漢方堂でも一人一人の症状に合わせて処方ができるよう、細かい身体の状態や症状に分けた漢方をご紹介します。

ぜひチャンネル登録もよろしくお願いします!


■本物漢方堂YouTubeチャンネル登録はこちら!


■無料カウンセリング実施中!

皆さんのお身体の不調やお悩みに関する個別相談を無料で受け付けてます。

不調を改善したい方や、自分に合った漢方を知りたい方、「まずは簡単な相談だけでも..」という方は以下URLよりお申し込みください!


■漢方は下記から購入可能です。(※無料会員登録が必要です)


■漢方を中心とした健康情報をもっと知りたい方へメルマガを配信中です!

Comentários


bottom of page