top of page

楢崎皐月博士とは?イヤシロチとは?静電三法とは?


market of clay pots


電子と言えば静電三法を書かれた、楢崎皐月先生が頭に思い浮かびます。

楢崎皐月先生は、電子が集まるところをイヤシロチ、電子が枯渇しているところをケガレチと呼んでいました。


40年以上、経営コンサルタントとして第一線で活躍し「経営指導の神様」と言われた故・舩井幸雄は、その静電三法を学びイヤシロチ化が農業、商売、健康のかなめになるとして、経営コンサルティングなどにも活用していました。


今回は楢崎皐月先生について紹介させていただきます。




 

楢崎皐月博士とは?イヤシロチとは?静電三法とは?



楢崎皐月博士は、1908年生まれの日本の科学者です。

東京大学工学部卒業後、電気メーカーに勤務し、その後独立して研究を続けました。楢崎博士は、自然界の成り立ちの本質を、「宇宙対向の静電気」と「相似象」という2つの視点で捉えました。この視点に基づいて、農業、工業、人体の健康など、さまざまな分野で革新的な技術を生み出しました。


『イヤシロチとは?』

イヤシロチとは、土地の生命力が高く、植物や動物が元気に育つ場所のことです。

楢崎博士は、イヤシロチは「地表の電子密度が高い」という特徴があることを発見しました。


『静電三法とは?』

静電三法とは、楢崎博士が開発したイヤシロチ化技術です。

3つの技法から構成されており、それぞれが土地の生命力を高める効果があるとされています。

つまり、植物波農法植物の波動を活用して、土地の電気状態を改善する技術。

物質変性法物質の分子構造を変化させて、その性質を向上させる技術。

人体波健康法人体の波動を活用して、健康を促進する技術。の三つがあります。


『静電三法の活用例』

静電三法は、農業、工業、人体の健康など、さまざまな分野で活用されています。

農業では、農作物の収穫量や品質の向上、病害虫の予防などに効果があるとされています。


工業では製品の耐久性や品質の向上、生産効率の改善などに効果があるとされています。人体の健康として健康の維持・増進、病気の予防・治療などに効果があるとされています。


コメント


bottom of page