疲れやすい時に摂りたい食材たち


market of clay pots

50歳前後から起こる女性の変化


この頃疲れやすい…。ため息が多くなった…。外に出かける気力が出ない…。

そのようなことを感じていませんか?

 

50歳前後から女性は心とカラダに変化がみられるようになります。人によって症状は様々ありますが、とても辛く悩む人も多くいます。そのような時期を、楽しく過ごすためには自分にあったストレス解消法や食生活に変えていく必要があります。


 

運動、睡眠不足がカギ


特に生活習慣の乱れによる、睡眠不足、運動不足が大きく関係してくると言われます。睡眠前に軽いストレッチや、ウォーキングをすることで、カラダは程よい疲労感を感じて眠りやすくなります。


ストレスを感じているとカラダの流れも滞ってしまいますので、ストレッチやウォーキングなどの有酸素運動はしっかりとカラダに酸素を取り込むことができ、カラダの巡りをスムーズにすることへも繋がります。


 

食生活も見直し、イキイキ元気を取り戻す





続いて食生活も見直していきましょう。大豆製品、ビタミン、カルシウムが含まれる食材を食べることをオススメします


✅ 大豆製品

 …豆腐・納豆・味噌など。ただし、食べ過ぎもよくないので食べる量に注意が必要です。1日の目安 

 量としては、豆腐であれば1日半丁~1丁、納豆なら1~2パックです。


✅ ビタミン

 …【果物】プルーン、イチゴ、リンゴ、ナシ、ブドウ、グレープフルーツ、オレンジ

  【野菜】キャベツ、アスパラガス、パプリカ、トマト、ニンジン、キュウリ、レタス、オニオン、

      サツマイモ


✅ カルシウム

 …低脂肪の乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ)


以上の食材を意識しながら多種類の食材を食するようにしましょう。